TEXT >>>

2011年8月、友人が失踪した。

2週間後に発見された彼はその間、青木ヶ原樹海や東尋坊といった自殺の名所と呼ばれる場所を訪れていた。当時23歳の彼は死に場所を探していたのだ。

友人や家族の支えがあって、その後元気を取り戻していくかに見えた彼は結局2015年8月にこの世を去った。

手段はその頃世間で話題になっていた自殺方法だった。

 

私たちの心理はそれに影響を与える”マインドウイルス”によって時にその命をも奪わされている。

1774年にゲーテが”若きウェルテルの悩み”を発表してから、若者の間では小説の主人公を模倣した自殺が相次いだ。

日本でも1700年代初頭に近松門左衛門による”曽根崎心中”などの浄瑠璃により心中が流行、まるで伝染病のように広がる心中を当時、心中伝屍病と呼んだ。

歴史は繰り返し、その後も藤村操の自殺、坂田山心中などによって自殺への憧れにも似た感情が煽られ続けている。

それはまるでウイルスのように人の脳から脳へ社会の間で広がっているのだ。

 

1974年、社会学者のDavid P. Phillipsによってこれら模倣自殺を引き起こす事象に”ウェルテル効果”という名前がつけられた。

2000年にはWHOによって”自殺を予防する自殺事例報道のあり方”が発表される。つまり、自殺報道ガイドラインである。

“自殺の連鎖を引き起こす”とWHOが勧告しているガイドラインでは写真や遺書の掲載、手法や場所についての詳細を報じる事などがあげられるが、当時から現代に至るまで人々の関心を集める著名人の自殺や話題性のある自殺においてそれらは何度も報じられている。

 

自殺に付随する言葉や物語は形を変えて広まり、人々が困難に陥った時の行動に影響を与えている。

精神的に不安定な状態にあり、”死にたい”と”生きたい”の狭間にあって、死が匂わせる”確実な終わり”は多大な誘惑となっている。

 

ウイルス、つまり自殺に関する言葉や物語は形を変えて広まり、人の行動に影響を与えている。

精神的に不安定な時、”死にたい”と”生きたい”の狭間で、死が意味する”確実な終わり”は多大な誘惑となっている。

しかし、人々は精神的、身体的、経済的苦痛から逃れたいだけである。求めているのは死ではない、苦痛からの解放である。ウイルスはそこにつけこんでくるのだ。

自死のマインドウイルスは人の自死によってその存在を残していく。

 

死ぬことが必ずしもダメだとは言わないが、生きていなければ全ての可能性はない。

まずは私たちがどのような影響を自分以外から受けているのか、”自殺のマインドウイルス”という敵を認識することがワクチンとなりはしないだろうかということを、このプロジェクトを通じて私は考えている。

 

In August, 2011, my friend disappeared.

He was found two weeks later. During those two weeks, he was visiting places called "suicide spots", such as the Aokigahara and Tojinbo. He was looking for a place to die.

He seemed to be recovering afterwards, with the support of friends and family, but, in the end, he left this world in August, 2015. The way he took his life was by a suicide method which was often talked about at the time.people thought it is easy and painless way.

 

Our psyche is sometimes deprived of its life by the "mind virus" which affects it.

Since Goethe published "The Sorrows of Young Werther" in 1774, suicides imitating the protagonist of the novel occurred one after another among young people.

Love suicides became frequent in the early 1700s in Japan.

At the time, the chain of love suicides spreading almost like an infectious disease was called the "love suicide tuberculosis".

History repeats itself, and emotions almost similar to an admiration for suicide continued being fueled afterwards.

It spreads like a virus throughout society, from the brain of one person to another.

 

In 1974, sociologist David P. Phillips named the phenomenon which causes these imitative suicides "the Werther effect".

In 2000, WHO published "How to report suicide cases in ways which prevent suicide". In other words, a guideline on suicide media reporting.

Among the items listed in the guideline as those which may "cause a chain of suicides" are posting photographs and wills, and reporting details concerning the location and method, but, from that time to the present age, things such as these have been reported numerous times for suicides of famous people and suicides which gather people's attention.

 

Words and tales accompanying suicide change in form and spread, influencing people's behavior when they face difficulties.

When mentally unstable and in the gap between "I want to die" and "I want to live", the "inevitable end" death lets us see presents a temptation.

 

What you’re looking for is liberation from pain, not death. The virus gets in there.

I'm not saying that suicide is necessarily a bad thing, but there are no possibilities if you aren't alive.

Through this project, I'm considering how we're influenced by people other than ourselves, and whether recognizing the invisible killer called "the suicide mind virus" may become a vaccine for it.

The Suicide Boom

Exhibition Info

 

2018.9.5  - 10.21 Breda Photo Festival   Motmot Gallery

2018.11.3 - 11.25  個展  Reminders Photography Stronghold

 

http://reminders-project.org/rps/eventreport_kenjichiga_tsb/

Contact

Biography

Works